リトルリーグとは

2003年夏、武蔵府中が世界一になり、話題を集めましたが、その世界選手権が行われたのがアメリカ・ペンシルペニア州ウイリアムスポートの、ラマダスタジアムでした。
このウイリアムスポートが実は、リトルリーグ誕生の地です。1939年。ウイリアムスポート在住のカール・ストッツという人が、近所の子どもたち12人でチームを結成したのが始まりです。
野球好きな9~12歳の少年で作られた、たった3チームの小さな団体でしたが、アメリカ各地に仲間がふえ始めました。やがて47年には、第1回の世界選手権が開催されるほど、世界にも広がっていきます。
64年、アメリカ連邦政府により、リトルリーグは野球法人として法律で認可されました。ボーイスカウト、青少年赤十字団などと並んで、立派な社会活動の団体として認められたのです。
現在では約7000リーグ300万人が参加。発祥の地・ウイリアムスポートには、いまでもリトルリーグの世界本部が置かれています。
日本でリトルリーグの活動が始まったのは、1955年ころです。東京の近郊で、わずか5~6リーグからの船出でした。アメリカでリトルリーグが誕生してから25周年にあたる64年、本部からの呼びかけもあって、日本リトルリーグ野球協会が発足しました。
はじめは関東連盟だけでしたが、66年には関西連盟、70年には東北連盟が加盟します。以後も北海道、信越などの連盟が生まれ、全国的な組織として年々拡大していきました。
2011年の国際登録数は、全国12地方連盟合計で301リーグ。これはアメリカに次いで世界第2位のリーグ数です。
こうした運営の努力とリーグ数が評価され、日本は2007年から全日本選手権優勝リーグが直接、世界選手権(ウイリアムスポート)に出場することが決定されました。これまでは、全日本選手権に勝ち、さらにアジア・太平洋地区大会で優勝しなければならなかったのです。
2003年の世界一になつた武蔵府中は、日本のリーグとしては6回目。東京代表→日本→アジア代表→世界一、という厳しい道のりのすえの栄冠でした。そして2010年、江戸川南が日本として7年ぶり7回目の世界一を獲得しました。

リトルリーグ組織図